男性ホルモンを抑制するタイプ

男性型脱毛症いわゆるAGAは、男性ホルモンが影響しているといわれています。 男性ホルモンのひとつであるテストステロンが「5a―リダクターゼ」に反応して作られた 「ジヒドロテストステロン」通称DHTというホルモンが働いた部分だけが脱毛をするといわれているのです。

DHTは、毛根にダメージを与え、その結果毛母細胞の働きを鈍らせてしまうといわれています。 ですから、この男性ホルモンを抑制するタイプの育毛剤は、主にDHTが作られなくなるよう、5a-リダクターゼの働きを阻止する効果があります。

よく、AGAは遺伝が原因ともいわれますが、全部が全部遺伝から来るものではありません。 生まれたときから将来AGAになると決まっているものではありませんから、悲観しないことです。

AGAも様々な原因が積み重なって起こる症状ですが、 そのひとつの原因として考えられているのが頭皮が男性ホルモンに過敏に反応することで起こるというだけなのです。

育毛剤には、この男性ホルモンに働きかける成分を含んだものがありますから、まずは恐れずに使ってみることをお勧めします。

 

フィナステリド

男性型脱毛症で専門病院の治療を受けると、ほぼ標準的に処方される成分フィナステリド。 もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたのですが、ミノキシジル同様、副作用がきっかけで脱毛症の治療薬として商品化されたものです。

厚生省の認可を受けているのは「プロペシア」という商品で、育毛というよりは発毛剤として認知している方も多いのではないでしょうか。 でも、実際には発毛するというよりも脱毛の症状が進行するのを抑えるといった程度の効果を期待したほうがよいでしょう。

国内では医師の処方箋がないと購入できないところから、 輸入品のプロペシアもしくはフィナステリドを求める方も多いようです。

副作用が何かと取沙汰されるのですが、実際に副作用がおこる確率は低く、症状もそんなに重くありません。

ノコギリヤシ

フィナステリド同様、もともとは前立腺肥大症の薬の成分に使われていました。 又、滋養強壮の力があると言い伝えられて、珍重されてきた植物でもあります。

育毛効果があるということは最近の研究で明らかになりました。 男性ホルモンテストステロンが5aリダクターゼに変ることでジヒドロステロンという脱毛の原因になる物質ができないように働きかける作用があります。

育毛に効果があって副作用が少ないですから、育毛剤の成分としては安心できるものです。

亜鉛

普段あまり気にして摂取することのない亜鉛ですが、 私達の身体を維持するのになくてはならない栄養素です。

髪の毛も、筋肉も、そして臓器も、全てはたんぱく質が亜鉛の力によって出来たものです。 青魚などに多く含まれていますが、毎日必要量を摂取するのはなかなか難しいところ。

食生活の変化で慢性的な亜鉛不足になり、それが脱毛や薄毛の原因になっているとも言われています。 また、亜鉛にもノコギリヤシのように男性ホルモンジヒドロステロンができにくくする作用があることから、育毛剤にも積極的に使われています。

→→ 次の記事「毛母細胞を活性化タイプ」へ

育毛剤の種類

このページの先頭へ