発毛剤・育毛剤・養毛剤の違い

発毛剤とは

全く頭髪がない状態から産毛が生えてくるのを発毛といいます。

発毛剤は、これを促すものです。

私達の髪の毛は、ヘアサイクルで生まれ変わっていくものなのですが、 脱毛しているとこのヘアサイクルが休止したままの状態です。

そこには何らかの原因があるのですから、それをまず解決していかなければなりません。 根本的な解決を図ることが出来る発毛剤に巡り会えば発毛も勿論望めます

ただ、効果が急に表れるものではありませんから、根気良く使うことが大切です。

育毛剤とは

髪の毛の状態が気になる方には最も身近なものですよね。

毛を育てるという字のごとく、 育毛剤は、髪の毛を元気にして強く太く伸ばし、寿命を全うさせる働きが期待できるものです。

ですから、脱毛してしまった部分から毛髪を生み出すというよりはどちらかというと、 頭皮を整えて質のよい髪の毛が成長するようにサポートするといった働きを期待したほうがよいかもしれません。

養毛剤とは

養毛剤も、育毛剤同様、今ある髪の毛に働きかけるタイプのものです。

効果としては育毛剤よりも穏やかで、副作用もほとんどありません

まだ薄毛や脱毛の症状が見られないという方にも使っていただけます。

髪のボリュームもそんなに減っていないようだし、このままの状態をキープしていきたい。 そんな方におすすめなのが養毛剤です。

→→ 次の記事「育毛剤の副作用について」へ

育毛剤の基礎知識

このページの先頭へ