Q・薬用と薬用でない育毛剤。やっぱり薬用の方が効くの?

医薬品と医薬部外品の違いは、商品化されるまでのスピードの違いともいえます。

医薬品の場合、臨床試験を数年かけて何段階にも分けて行います。 更にその後も国の厳しい審査をクリアし、承認、製造されてやっと販売することが出来るのです。

ですから、新しいものを開発しても店頭に並ぶまで何年もかかります。 もどかしいですよね。 これに対し、医薬部外品は、申請書を提出し、 しかるべき機関で審査を行って厚生労働省が認可すれば販売できることになっています。

医薬品のほうが効果があるような気がするかもしれませんが、 同じ育毛剤としてみてみるとやはりその人に合う合わないが出てきます

副作用が出て医薬品は使えなかったという方もいますから、こればかりは使ってみないとわかりません。


→→ 次の記事「1つの毛穴から複数本の毛を生えてくる育毛剤はある?」へ

育毛剤のQ&A

このページの先頭へ