Q・プロペシアなどの医薬品って副作用は絶対あるもの?

プロペシアは、薄毛や抜け毛の進行を食い止めて育毛を促進する医薬品として人気があります。

ただ、効果が高い分、副作用のリスクも大きいのではないかと不安に思う方も多いですよね。

でも、実際のところプロペシアの副作用がおこる確率というのはそんなに大きくありません。 全体でみても2パーセントに満たないものです。

代表的な副作用の症状としては、男性機能に関するもの、 例えば勃起障害や精子の減少など。 あとは、頭痛や腹痛などが報告されています。

男性機能に関するところでいえば、この副作用は服用を止めればなくなります

また、頭痛や腹痛については、ほとんどの方は日常生活に支障が出るほどのモノではなく、 服用を続けることで症状は軽減されることが多いようです。

副作用のリスクは確かにゼロではありませんが、皆さんが思っているほど怖いものではないということも是非知っていただきたいと思います。


→→ 次の記事「育毛剤の効果は値段に比例する?」へ

育毛剤のQ&A

このページの先頭へ